業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

重機が入れない場所はどうやって工事をするのですか?

これから建設会社に依頼して住まいの建て替えをしたいと考えているのですが、その場合は既存の住宅を一度解体しなければいけません。
しかし、私の家は道が狭いところに存在しているため、そこまで重機を入れることができるのかどうかわからずに不安を抱えています。
もし、重機の入れないところで工事をするためにはどうすればいいのか教えてください。

回答

重機が入れない場合には人力によって解体します


家の立地によっては重機を入れることが難しいというケースがあり、そのような家の解体ができなくて困っている人がいるかもしれません。
こういうケースで工務店や建設会社に相談しても断られるケースもあるのですが、人力による解体をしてくれるところも多いです。
建物を解体するために重機が用いられるのは、その方が効率よく建物を壊すことができるからです。
ただし、絶対に重機を使わなければ建物を壊せないというわけではないのです。
重機のなかった時代には家を解体する際には人力によって家を壊していたのです。
そのため、今の時代であっても、人力によって解体をすることは不可能ではありません。
作ったときとは逆の順番でどんどん家を解体していけば、無事家をバラバラにすることができるのです。
その際に用いられるのは解体バールというものであり、多くの職人が協力しながら作業を進めていきます。
解体する際には、たとえばワイヤーやロープを用いて引き倒すという工法が用いられることがあります。
コンクリート基礎はとても硬いため手作業で壊すことが難しいと考える人がいるかもしれませんが、実際には手作業でどんどん砕いていき作業を進めることが可能です。
このように手作業であっても、解体工事をすることは可能なのですが、注意点として重機を使う場合よりも時間がかかってしまい、人件費もかかってしまいます。
しかし、そもそも重機が入れない場所では人力によって解体するしかないため、この点は仕方のないことといえるでしょう。
重機が使えないような環境であっても家を取り壊すことはできるため、諦めずに業者に相談してみるとよいです。
ただし、重機が使えない場合には時間とお金がかかることを予め理解して、その点を考慮に入れたうえでスケジュールを考えるとよいでしょう。
事前に工務店に相談しておけば、人力による解体にどのくらいの費用と時間がかかるのか見積りを出してもらうことができます。
見積りをもらうだけではお金はかからないため気軽に相談してみましょう。

PageTop