業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

マンション建設の注意点は?

マンションを建設するにあたり、業者選びがとても重要なことは承知しているのですが、はじめての不動産投資で、これまでもいろいろな投資を経験してきましたが、絶対に失敗は許されない巨額な投資なので、その他にもマンション建設における注意点を教えてください。
それでもトラブルが起きた場合は、その解消法も併せて教えていただけると助かります。


近隣住民の理解を得ることが大切です。


規模が大きく高さもあるマンション建設は、一般住宅とは全く異なるため、いろいろな点に配慮をする必要があります。
それをしなければ、大きなトラブルに巻き込まれてしまう確率が高まります。
マンションを建設する際には、必ず工事中に騒音が発生します。
各地域で公害防止条例などが定められていて、それに違反すれば損害賠償請求や、場合によっては工事の中止を余儀なくされてしまいます。
そのようなトラブルを回避するためには、事前にしっかり調査をして、周辺住民へ向けた説明をきちんと果たす努力をしなければいけません。
騒音だけではなく、工事中には振動の問題も起こります。
特に大掛かりな基礎工事には、大型の重機が使用されるため、慎重に工事を進めなければいけません。
場合によっては地盤沈下が発生して、周辺の建物へ危害を及ぼす恐れもあります。
工事前には十分な土地家屋調査を行い、極力住民への説明会を複数を開催して、近隣住民立ち合いの下で、現状を写真などに記録しておくことをおすすめします。
マンションを建設する場所にもよりますが、工事業者が出入りする車両の問題も、予め解消しておく必要があります。
間違っても、周辺の道路を無断で占有することは避けましょう。
建設場所が通学路になっている場合は、生徒が安全に登下校できるような配慮をしなければいけません。
法律や条例をしっかり守っても、マンション建設には近隣住民の恨みをかうことも多く、クレームをつけられることも珍しくありません。
説明会を何度開催しても、苦情を言ってくる人がいることを理解して、時間をかけてもしっかりと説明して、理解を得られるように誠心誠意努力することが、オーナーとしての大事な役割となります。
クレームも含めたトラブルの解消にも、一緒になって対策したり、対応してくれる建設業者を選ぶことも大事なことで、地場や法律にも詳しい業者や、万一の時には弁護士などの法の専門家の力を借りられれば、マンション経営をスムーズに進めることができるでしょう。

PageTop