業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

工務店とハウスメーカーの違いは?

家を新築するにあたり、施工会社選びが最も重要だと考えて、たくさんの住宅展示場や見学会にも訪れて、複数の業者から見積りやプランの提案もしてもらいましたが、最終的に地元のハウスメーカーか工務店のどちらにしようか悩んでいます。
ハウスメーカーと工務店の大まかな違いは把握しているつもりですが、すでにマイホームを持っている友人や親戚などに聞いても、やはり自分たちでお世話になった方を勧めてくるので、正直どちらに依頼すればいいのか分かりません。
もちろんどっちがいいか明確な答えがないことは承知していますが、2者の明確な違いを知りたいので、プロの意見を教えてください。


回答

多くの項目で違いがあります。


一般的にハウスメーカーは、全国規模で展開することを目的に、家を規格化して商品として販売しているのに対して、工務店はその都度依頼主を話し合って、家づくりをしていく点に大きな違いがあります。
肝心な価格面では、平均的に工務店の方が安く家が建てられます。
ハウスメーカーは家を規格化して、使用する建材や部材を大量発注してコストダウンを図っていますが、住宅展示場などを持ち、宣伝広告費に多額な経費をつぎ込むことで、利用者にかかる負担が大きくなります。
加えて、実際に家を建てるのは下請けの工務店などの職人で、ハウスメーカーは中間マージンで利益を得ているため、どうしても建設費用は工務店よりも高額になってしまいます。
さらに、ハウスメーカーには多くの従業員がいるため、その分利益を多くしなければいけません。
技術面に関しては、一概にどちらが上回っていると断言できませんが、ハウスメーカーの場合は、下請け業者が複数いるため、腕の良い大工さんに家を建ててもらいたいなら、下請けに頼らない腕の良い工務店を選択した方が安心できるでしょう。
品質面では、オリジナルの建材や高品質の部材を開発している大手ハウスメーカーのブランド力に軍配が上がりますが、匠の技を持つ大工さんがいる工務店なら、技術力でそれを上回る仕事を期待できます。
家を建てるスピードは、設計から施工までをシステム化しているハウスメーカーの方が圧倒的に早く、自社工場でできあがった部材を組み立てるだけのパネル工法を採用している場合だと、わずか1日で家の骨組みが完成するケースもあります。
自由度は圧倒的に工務店の方が高いので、両者のいろいろな特徴を把握した上で、依頼先を決定してください。

PageTop