業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

リフォーム会社選びのポイントは?

父から譲り受けたマンションもかなり老朽化してきて、これまでは何とか高い入居室を維持してこれましたが、2年前くらいから空き部屋ができると、なかなか新しい入居者が見つからなくて、入居希望者さえもこなくなったと管理もお願いしている不動産会社から伝えられました。
大手の不動産会社に入居募集を依頼することも考えましたが、やはり根本的なところを改善しないと、この先どんどん入居率が低下していくことは間違いないと思い、現在空き部屋になっているところからリフォームすることに決めました。
予算にも限界があるので、工事費は極力抑えたいのですが、リフォーム業界には悪徳業者が多いと聞くので、やはり信頼性の高い大手リフォーム会社に任せた方がいいのでは?と考えています。
建物のことには詳しくなくて、リフォームの相場も全く分からくて、不動産会社に丸投げする手もありますが、そうすると間が入り余計なマージンも取られてしまうだろうし、それも怖いのでやはり自分で業者探ししようと決断したわけですが、安心してしっかり入居率がアップするリフォーム工事をしてもらえる業者選びのポイントを教えてください。


回答

複数の業者の情報を集めて相見積りを。


どの程度のリフォーム工事が必要なのか明確ではありませんが、一般的なリフォーム費用は数十万円から百万円単位でかかりますので、業者選びはとても重要になります。
確かに、リフォーム業界はトラブル業界とも言われており、悪徳リフォーム業者の存在も社会問題になっていますが、リフォーム工事はリフォーム会社に頼まなければいけないわけではありません。
それに、大手リフォーム会社だから安心できるとも言えなくて、大手でも必ず納得のいく工事を行ってもらえるわけではなく、数多くの失敗事例も報告されています。
そもそも大手でもそうでなくても、リフォーム会社の大半は、下請け業者に工事を任せるため、工事費用を最小限に抑えたいなら、実際に工事を行う工務店に依頼するのが得策です。
もちろん信頼できるリフォーム会社があれば問題はありませんが、直接工務店に依頼すれば、少なくても仲介手数料分は削減できることになります。
工務店以外にも、建設会社やハウスメーカーやホームセンターなど、いろいろなところがリフォーム工事を行っているので、安心できる業者に安く工事を依頼したいなら、複数社の情報を集めて、相見積りを取りましょう。

PageTop