業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

工務店の行うリフォームとリノベーションの違いとは?

自宅で不満を抱いている部分があり、そこを快適にするためにリフォームを依頼しようと思っているのですが、ひょっとしたら自分がやってもらいたいのはリノベーションなのかもしれないと思って悩んでいます。
リフォームとリノベーションはどちらも工務店に依頼することができるのですが、それぞれどのような違いがあるのかよく理解していないため、これらの違いについて教えてもらいたいです。

回答

もとに戻すか新しく価値を高めるかという違いがある


リフォームとリノベーションは混同されることがあり、どちらも住宅の工事をして新しい状態にするという点では共通しているのですが、厳密なことをいえばそれぞれの目的は異なっており違いがあるのです。
リフォームとは老朽化してしまった建物を当初の状態に戻すという意味合いがあるため、劣化してしまった部分を修復することが目的となっており、たとえばキッチンが古くなったために新しくしたいときにはリフォームが当てはまるのです。
このようにリフォームは比較的小規模な工事を指していることが多く、たとえば壁紙が汚れてしまったため新しいものに張り替えるといった工事についても、リフォームに含まれており、リフォーム工事をするケースは比較的多いのです。
一方、リノベーションとは修復という意味合いだけではなく、そもそも用途や機能を変えてしまい、当初よりも性能を高めたり価値を高めたりするという意味合いが強くなっており、最初に建てられたときよりもより良い状態にすることが目的となっているのです。
このような目的がリノベーションにはあるため、リフォームと比較するとどうしても工事の規模は大きくなりやすく、たとえば間取りを変更するような大規模な工事が行われることがあるのです。
したがって、これから工務店を利用したいと考えているならば、まず住まいのどういった点を改善したいと考えていて、それは機能を取り戻すことが目的なのか、それとも新しい機能を持たせたいのか、どちらの目的なのかをはっきりさせることが重要なのです。
そのため、目的によってはそれがリノベーションに当てはまることもあるのですが、たいていの工務店ではリフォームもリノベーションにも対応していることが多いため、まずは相談をしてみるとよいでしょう。
工務店のスタッフに話してみることによって、自分が求めているものがリフォームなのかリノベーションなのか判断してもらい、実際にプランを提案してもらえるのです。

PageTop