業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

工務店とハウスメーカーの違いを教えて下さい。

妻の妊娠が発覚して、これからは一家の主として家族を守っていく自覚が芽生え、妻のお腹が大きくなるまでにマーホームを建設しようと思い、土地探しをはじめました。
キャッシュで家が建てられるほどの稼ぎはないので、住宅ローンを組まなければいけませんが、先日銀行にもその相談に行くと、まだ100%とは言えないけれども、勤務先や収入面や、他に借金もないので、診査には問題なく通るだろうということで、施工会社探しもはじめようと思っているところです。
会社で家を建てている先輩が何人かいるので、家についていろいろ尋ねると、前に新築祝いに招かれて行った先輩の素敵な家は、工務店に頼んで建ててもらったことを聞いて、その時に工務店の良さをいろいろ聞いて、先に考えていたハウスメーカーと工務店のどちらに施工を依頼すればいいのか迷っています。
工務店とハウスメーカーの違いを教えてください。


回答

自由度が高いのが工務店、安定性があるのがハウスメーカー。


工務店にも町の小さな工務店から、かなり大々的に営業をかけて、年間でかなりの着工数を誇る工務店や、フランチャイズの加盟店になっていたり、ハウスメーカーや建設会社などの下請けを専門にしている工務店などいろいろありますが、自分たちで仕事を請け負っている工務店の場合は、一般的に施工エリアの範囲が狭く、知己密着型色が強いのが特徴です。
ハウスメーカーにも、狭い範囲で営業している会社がありますが、全国や近隣の地域に支店や営業所を置いて、住宅展示場を持ち営業しているのが特徴です。
ハウスメーカーは、複数の間取りや標準仕様から設備などを選択できる「企画型」の商品を用意しているケースがほとんどで、自由設計と謳っていても、間取りや使用する設備などは、標準仕様で用意された商品から選ばせることが多くなっています。
それに対して工務店は、施主と一緒に家をつくり上げていきます。
既製品以外にもオリジナルでキッチンや家具などをつくってもらえることも多くなっています。
そもそも、ハウスメーカーでも実際に施工するのは工務店ですが、下請けの場合はハウスメーカーのいいなりに工事を進めていくだけですが、請負業者の工務店は、自由度が高く変更も効きやすいのも特徴です。
ただし、保証やアフターに関しては、大手ハウスメーカーの方が安定性があり、家は長く住むものなので、将来のことも考えて、経営状況などもしっかり考えて施工業者を選びましょう。

PageTop